プリュール ブルネ ブルゴーニュ ピノノワール

Prieur Brunet Bourgogne Pinot Noir

ムルソー村とサントネイ村のブドウを使用。丁寧な自然農法で、伝統的な手法にこだわった造りの、力強い味わいのワインです。

プリュール ブルネ

ドメーヌ・プリュール・ブルネはサントネー村に位置し、設立は1804年、代々家族経営を行なっているコートドールで最も古いドメーヌの1つです。現在は8代目に当るギョーム・ユニ=プリュール氏がこの歴史あるドメーヌの運営を行なっています。祖父方のプリュレ家が所有していたサントネの畑と、祖母方が所有していたムルソーの畑を中心に、コート・ド・ボーヌの主要な六つの村に20Ha以上の畑を所有しています。
ワインのスタイルは、どのレンジも長熟タイプのクラシックな味わいで、サントネーマラディエールを筆頭に、安定した信頼のおけるワイン造りを目指しています。

ブドウの栽培方法はリュット・レゾネ。出来る限り自然にブドウを栽培します。ブドウ樹の仕立ては単式ギュイヨ式。必要に応じて摘芯、摘房を行っています。畑の管理は、ブルネ家で代々ワイン造りに携わっているスタッフの手でしっかり行われてます。

ワイン造りは、伝統的な方法に則って行われます。赤ワインは、厳しい選果ののち、破砕・除梗を経て低温浸漬を行います。発酵は木桶で、ルモンタージュで色を十分に抽出し、発酵終了が近づいたら日に一度櫂入れします。ワインはアリエ産のオーク樽で18~24ヶ月熟成させ、ボトリング前に清澄、ろ過は可能な限り行いません。こうして、ドメーヌのワインは、果実味豊かで滑らかなタンニンの心地よい仕上がりになります。